07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【関連してるかもしれない記事】


カテゴリ: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]
cm: -- tb: --   

戦術と戦略4 

前回記事の項目を見ると、人によっては納得いかない項目があるかもしれません。

戦略の追求とは、「戦わずして勝つ、戦う前に勝つ」という思考を追及すること。

でもどこまで許せるかは、人によって(美学によって)違う。

ここが難しいところです。


というのは、戦略とは目にみえざるもの、つまりはわかりにくいものなわけですね。

人間、わかりにくいものはいくら凄くても実感がもてません。
なので、「ふーん…」とあまり燃えないものです。

対して、戦術的に凄いこと。
「試合中の動きが神である」とか、「読み合いにめっぽう強い」とか。

こういうのはわかりやすい。
わかりやすいだけに燃えるし、賛美もしやすい。

「自分はロクに傷つかず、相手を一方的にやりこめる」
「お互いに死力を尽くし、負けたほうがお見事…と言ってさわやかに散る」

どっちにシンパシーを感じるか。

ほらあれだ。戦術的な日常をえがく昔のガンダムと、戦略的な話ばっかのガンダム00。
どっちが好き?って言ってるのと同じだ(ぉ

このへんが、「戦略の追及に興味のない(を持てない)」人がいる理由です。

これを認識しないで、「勝てないのは努力が足りない」とか「対策しろ」とか迂闊に言ってしまうと、反感をかってしまうわけですねー

というわけで、勝つことと、自分の美学の葛藤。
ここに少し思考をめぐらせてみると、違った物の見方ができるかもしれません。

長々と話したワリには、こんな結論でしたとさ。おしまい。




【関連してるかもしれない記事】


カテゴリ: ひデブとみせかけたうんちく

2007/12/27 Thu. 20:44 [edit]
cm: 5 tb: --   



« 今年最後の更新かな  |  戦術と戦略3 »


この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 # | 
2007/12/27 21:56 * 編集 *

僕はどう考えても戦術的面にシンパシーを感じる人間ですね┏(^ω^)┓

相方によく怒られます\(^o^)/

そして強キャラ使いたくない僕は自分の美学を追いすぎて現実見えてない馬鹿\(^o^)/

にがうり #- | URL
2007/12/27 22:00 * 編集 *

>戦略とは目にみえざるもの、つまりはわかりにくいものなわけですね。
人間、わかりにくいものはいくら凄くても実感がもてません。

こねこさんの校舎裏モップはまさにこれな気がします。
戦術的にも見事なんですが、戦略に埋もれてて評価されにくい感じを受けますね。

対して、
>戦術的に凄いこと。
「試合中の動きが神である」とか、「読み合いにめっぽう強い」とか。

昔見たうへーさんのバットとかがそれを示している感じですかね。
「お互いに死力を尽くし、負けたほうがお見事…と言ってさわやかに散る」
緊張感があって、楽しむのにはこれ↑が一番重要かなと自分は思いますね^^

本能で戦うのが、戦術的って感じですかね。

幻 #nMj3f42A | URL
2007/12/28 11:18 * 編集 *

関係ないけど、
>試合中の動きが神である

試合中の動きが戦さ神である
に見えてしまってふいた。牛乳かえせw

チハたん #- | URL
2007/12/29 00:51 * 編集 *

>>にがうりさん
いいじゃないか…夢を見て生きていこうぜ…

>>幻さん
おい名前出すの避けて記事書いたのに、なぜわかるw
本能=戦術とか、言いたいこと追記ありがとうw

あと、ここで書いちゃうと、
戦略追及も慣れてきて認知されだすと、抵抗感も薄らいで評価されるよね

ねこさんスタイルなんか、最初は叩かれまくったもんだが、今では普通に認識されてるしね。

>>チハたん
しらねーーよwwwwww
どう見てもアニメ脳です。本当にありがとうございました。

あいおー #UzUN//t6 | URL
2007/12/30 13:39 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。