06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【関連してるかもしれない記事】


カテゴリ: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]
cm: -- tb: --   

ホリエモンの尖閣認識に反論 

ホリエモンが朝まで生TVに出たらしい。
そこで「尖閣はいらない」風な発言をしたとか。
……番組見たわけではないが、伝聞情報だけでも眉をひそめてしまう。

うちは彼の本を読んだり、彼の動画を見てなるほどーと納得する俗物ではあるが、
この意見にはどうしても賛成できない。
そして、彼のブログのコメントに賛成意見がたくさんあってマジびびった。
だから、反論を長々と書こうと思う。

ホリエモンの記事はこちら↓
http://ameblo.jp/takapon-jp/entry-10790687425.html#cbox


>戦争に負けてどうなったか?アメリカに占領されてプライドはずたずただったかもしれないけど、それが原因で死んだ人は戦死した人に比べてごく少数だっただろう。

たまたまです。運がよかったからです。いやほんと。

それにはまず第一次世界大戦から話をしたほうがよい。

第一次世界大戦でドイツが負けました。そしてどうなったか?
重い賠償金を背負わされ、ハイパーインフレを経験して生活はどん底になった。
その結果、ヒトラーが台頭しドイツは第二次世界大戦に向かうことになる。

これにより他の国は教訓を得たわけだ。
「勝ったからといって相手を追い詰めすぎると、あとでより大きくなって立ち向かってくることがある」

あと見逃せないのがソ連。

もし日本がなくなってしまう、もしくは日本をソ連にとられてしまったら?
アメリカは太平洋をはさんでソ連と直接対峙することになる。

それだったら、日本を緩衝地帯として利用し、ソ連に対する防波堤としたほうがよい。

そういう理由があったから、緩い戦後処理ですんだのである。


あと、なんか日本人に統治された琉球も大丈夫だったじゃーんとか言ってるけど…
あれも当時の状況と日本人の性格があっての結果だからね。

反証として台湾を考えてみればいい。
中国の内戦後、国民党軍が台湾に来て何が起こったか。
どれだけの人が虐殺されたことか。

李登輝総統がガチで逃げて命拾いした話とかあるんですけど…

長くなるんで2回に分けるわ



【関連してるかもしれない記事】


カテゴリ: 雑談

タグ:歴史とか 
2011/02/07 Mon. 21:22 [edit]
cm: 0 tb: --   



« ホリエモンの尖閣認識に反論2  |  東方非想天則 まだ考慮中の全体要素 »


この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。