09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【関連してるかもしれない記事】


カテゴリ: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]
cm: -- tb: --   

解説じゃないけどね 

前回更新記事の咲夜vs咲夜動画。

まあ相手の人がすっごくうまいんでね
ちと動きをトレースしてみようとやってみたんだ

……おい開始10秒までの動きが既に安定しないぞどういうことだ
修羅こわいお……

まあ以下解説




緑の人の話ねー
まず開始後、「前HJ→上飛翔→C射撃→真下飛翔J6A」ってやってるけど。
うちには真下に飛翔をする概念がなかった。
似たような動きをしようとすると、どうしても1か3(ナナメ下)に飛翔しちゃうんだよね

この動画だと、1P側の咲夜が右側にいるし。
ぜってー3飛翔してたわ……

真下に飛翔したほうが、はやく着地できるんだけど
そのぶん、J6A入力タイミングがシビアになるのよね(着地でキャンセルされちゃう)
ナナメに飛ぶと入力タイミングに余裕ができるんだよな
だから、無意識に難しい入力を避けようとしてしまう。


んで、次の動きとして
「高空にいる咲夜の下をダッシュでくぐり抜け、小刻みに飛翔→JA」としてる。

まず、今まで「相手の下をくぐってから即切り返しで攻撃する」
この発想がなかった……
下がる(かわす)か迎撃するかの考えしかなかった。
そうかくぐればいいんだよな……

そして、この飛翔もさりげなくうまいです。
ダッシュ→ナナメ飛翔→即真横に飛翔切り替え→JA
やってみると入力が小刻みなんだなコレ
うちの咲夜の動きが大味なのとは全然違うぜ……


次に、JAを当てた後、「即J2B→C→JA→壁際へ」こうなってる。
オレだったらJA当てた後はA連打しちゃうわ……
というか、「着地→即ナナメジャンプ→2B」とかやるとクロースに化けまくりますしおすし
こういう流れだと相手を壁際に追い込みやすいのね……


というわけで、開始10秒までの時点でこれだけ知らない動きをされているのであったw
いきなり壁際に押し込まれてるわけだこりゃw

無意識にやってると、どうしても抜ける概念ってのが出てしまうから
うまい人の映像を見るのはやはり勉強になるなあ

問題は、分析にけっこうエネルギー使うことだな
無意識を意識化する作業は疲れるお……



【関連してるかもしれない記事】


カテゴリ: 雑談

タグ:入力のコツ  練習法あれこれ 
2009/05/17 Sun. 18:11 [edit]
cm: 0 tb: --   



« むー  |  更新KA☆SE☆GI☆ »


この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。