09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【関連してるかもしれない記事】


カテゴリ: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]
cm: -- tb: --   

大会自体についての考察2 

今回は、「大会にかかる時間」や「望ましい大会形式」について考えてみる。

前回、「スイスドローは5戦やったほうがいい」という話をしたが、それには時間という問題がある。

スイスドロー1試合を消化するのに、30分近くかかる。
「20分以内に次戦へゴー!」としたいところではあるが、50人近くが参加しているとなると、やはりイレギュラーなことも起こる。

受付開始が9時付近として、開始が10時近くとしよう。
すると、スイスドロー4戦をやると12時をまわってしまうわけだ。
早々に受付した人は、3時間以上拘束されるわけだ。
ちょっとこれは長いと思う。

そんなわけで、前回は「スイス4戦」としたわけだが、決勝がない状態(前回の記事参照)だったため、ややしっくりいかない感情が沸いた。

というわけで、これからはスイスドローを予選とし、決勝トーナメントを行う、前々回方式をメインにしようと思う。

これなら、3戦やった時点のベスト8まで救済できるので、一番バランスがいいんじゃないかな~と思う。
「予選と同じ相手と再戦してしまう可能性がある」というのは欠点ではあるけれども。

まあ、トーナメントなら「大会の時間は短いが、運で強豪と当たると乙る」
リーグなら「結果に十分納得はいくが、時間が凄くかかる」
スイス5戦なら「バランスはいいが、参加T数が多いため時間がかかる」

と、それぞれ一長一短があるので、いろいろ難しいね!!


【関連してるかもしれない記事】


カテゴリ: 雑談

2007/04/17 Tue. 21:16 [edit]
cm: 0 tb: --   



« 技術紹介 横格をNSキャンセル  |  大会自体についての考察1 »


この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。