06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




カテゴリ: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]
cm: -- tb: --   

咲夜は強キャラ? 

非の咲夜は最強(クラス)だーという声をよく聞くが。
どうも違和感を感じるんだなコレ

まあ実際上から数えたほうが強いキャラだけどね。
実践値は少し下がるんじゃないの?というのが個人的な意見。
逆に、理論値が低いけど実践値が高いのがお空な。

というのも、個人的に感銘を受けた言葉として
「80パーセントのスキルを10個持つよりも、100パーセントのスキルをひとつ持つほうが強い」
こんなのがあるからなー


-- 続きを読む --
スポンサーサイト




カテゴリ: ひデブとみせかけたうんちく

タグ:思考  東方非想天則  咲夜 
2010/06/05 Sat. 08:50 [edit]
cm: 3 tb: --   

サッカーに関連して 

前にサッカーの話をしたついでに語っておこう。
「ジーコの代表は絶対にうまくいかないと思っていた」という話をしたが、それはなぜか?

それは「強者の論理」を採用してるからなんだよね。
強者の採用する戦法と、弱者の採用する戦法は根本的に異なる。
これはあらゆることで基本なんだけど、けっこう見落とされがち。

なぜならみんな強者のほうにあこがれるから。
華があってカッコいいし、自分もそうなりたいと思う。
TVとかで紹介されるものは基本強者の側だし。

でも、実際自分が強者の側であるなんてことは少ないわけで。
そこでギャップが生じるわけだ。
特に代表選手なんてのは、「国内では強者。でも海外と比べると弱者。」という状態だから更に間違えやすい。

しかも弱者の戦法を採用していると、みんな強者の論理が好きだから
「闘う前から卑屈すぎる」だのなんだの文句を言う。


-- 続きを読む --




カテゴリ: ひデブとみせかけたうんちく

タグ:思考  サッカー  強者と弱者 
2010/05/02 Sun. 22:01 [edit]
cm: 2 tb: --   

勝利至上主義 

最近なー…というか昔からずっとだけどw
勝ちにこだわることと、卑怯ということについての概念についてなかなか折り合いがつかない

昔は日本の素晴らしい教育(笑)のおかげで、「勝ち負けより大事なことあるからこだわらなくていいさ」って考えだったけど。
ラグビーの本とかいろいろ読むうちに、「勝ちを目指して全力を尽くすところに価値がある」という考えに変わった。

ただ、これは「勝たなければ何も残らない、勝つためには何をしてもいい」という考えとバッティングするんだよなあ。

あと個人的に勝つためだけの動きが好きでないのもある。
柔道の話をすると、昔のモハメド・ラシュワン(相手のケガした足を狙わずに負けて銀メダル)や、この間のオリンピックの塚田(リードしてるのに攻め続けて逆転負け)にはものすごくシンパシーを感じる。

「なんてリードしてるのに攻めるんだ」
「相手の弱点を攻めないのはむしろ失礼」
とかそういう意見も出るんだけど、どうしても同意できない

-- 続きを読む --




カテゴリ: ひデブとみせかけたうんちく

タグ:思考  美学  勝敗  満足感 
2009/09/25 Fri. 21:16 [edit]
cm: 0 tb: --   

戦術と戦略4 

前回記事の項目を見ると、人によっては納得いかない項目があるかもしれません。

戦略の追求とは、「戦わずして勝つ、戦う前に勝つ」という思考を追及すること。

でもどこまで許せるかは、人によって(美学によって)違う。

ここが難しいところです。


-- 続きを読む --




カテゴリ: ひデブとみせかけたうんちく

2007/12/27 Thu. 20:44 [edit]
cm: 5 tb: --   

戦術と戦略3 

今回は、「戦略の追及ってなんだかな…」
こう思う理由を考えてみます。

今後の話をわかりやすくするために、ひデブにおいての戦略、戦術性を思いつくまま列挙してみます。



-- 続きを読む --




カテゴリ: ひデブとみせかけたうんちく

2007/12/25 Tue. 20:33 [edit]
cm: 3 tb: --   

戦術と戦略2 

さて。IRC大会上位常連の人はどういう点がすぐれているのか。
具体的な話をする前に、戦術と戦略の違いを書いておきます。

といっても、境界があいまいな部分もあったり表現しにくかったりもするので、とりあえずは

戦術…目に見えるもの、作業
戦略…目に見えざるもの、作戦

これぐらいアバウトな区分で認識してくれればOKです。

では、以下に上位陣の優れているところを列挙すると…




-- 続きを読む --




カテゴリ: ひデブとみせかけたうんちく

2007/12/23 Sun. 20:25 [edit]
cm: 5 tb: --   


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。