08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




カテゴリ: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]
cm: -- tb: --   

よくカルタゴが日本に似ているとか言うが 

どうなんかね。
確かに共通点も多い気がするけど、違うとことも多いでしょ。

まず、当時の世界はローマvsカルタゴとなっていたこと。
お互い何十年戦争をしていても、他の第三勢力に征服されそうヤバイってのがなかった。

現在の世界はアメリカと日本だけじゃないし。
中国にロシア、ヨーロッパがあるし、なにより日本はアメリカと中国の間の位置にある。

もしアメリカをローマとみなして、日本を滅ぼすとしたら直接中国と対峙することになるよ?
あとロシアともか。
そんなめんどくさいことするなら防波堤として残して利用しようとするだろう。

それと技術力な。
アメリカの軍事兵器には日本の技術も多く使われている。
日本を滅ぼしてアメリカの技術だけでやっていくとかもはや厳しい。

この点を考えると、ローマに優秀な兵士を送り続けたガリアに近いと考えるべきだろう。

こういう点をすっとばして「カルタゴ=日本」って言ってるのばかり見るとフラストレーションが溜まるんだよね

たまには知らない人おいてけぼりのこんな記事もいいだろう。うん。
スポンサーサイト




カテゴリ: 雑談

タグ:歴史とか 
2011/04/29 Fri. 04:08 [edit]
cm: 0 tb: --   

台湾と尖閣の地図 

台湾は中国と対立している。
でも、あんなに小さい島国なのになんで強引に併合できなかったのー?とか思ったことはないだろうか。

そのために地図をぺたり

中国側から見た地図だからわかりやすいはず。
で、台湾というのは大陸側(地図においては下側)に山があるんだな。

だから、それが壁となっていて、正面からなら守りやすい国となっている。

で、迂回しようとすると、他の国にひっかかる状態なわけだ。
ここで、尖閣(台湾の左上)をとられるとどうなるか?

台湾を裏側から攻撃することが可能になりますね。



-- 続きを読む --




カテゴリ: 雑談

タグ:歴史とか 
2011/03/04 Fri. 22:57 [edit]
cm: 0 tb: --   

住んでる地域によっての考え方の違い 

中国とか外国の話をするとき、日本の人は前提の違いを考慮してないときがある。

日本ってのは、水もあるし技術(特産品)もあったんで貿易もできて豊かな国である。
そして、みんなが我慢すればなんとかやっていける国でもある。ここ重要。

さて、みんなが我慢してお互いに分け合っても厳しい国は?
それが中国や中東である。(中東は石油あるけど)

全体量が足りないのに妥協してシェアする…そんなことをしたら終わってしまう国。
そうなれば当然、力で抑えつけるか、他から奪うという選択肢も視野に入れないといけない。
日本のような国で育った人の感覚が違うのは当然なのだ。

そして相手はそういう過酷な競争を勝ち抜いてきているわけだから、当然弁もたつし手ごわい。
能力のすべてを駆使して豊かさを手に入れようとしてくる。

…うーむ、中国の外洋進出の話をしようとしたら長くなってしまった。
飽きたんでこんなとこでいっかー(ぇー




カテゴリ: 雑談

タグ:歴史とか 
2011/03/02 Wed. 22:42 [edit]
cm: 0 tb: --   

マハンの海上権力論集を読んで雑記 



前々からこの人の本を読んでみたかった。
そして読んだら語りたくなった(笑)

どういう人かというと、現代までに続く海上の戦力とかについての考え方を確立した人(アバウト
地政学におけるシーパワーを理解するのに役立つ。

でもそもそも地政学って言葉自体がマイナーだからな。
戦後教育から抹消されたからなー。学校で教えろし

この人の概念(海では中継地点の確保とかが重要だよ)を元に、世界の海軍整備は進んできた。
アメリカ人なのに、アメリカだけじゃなく世界で採用されたわけだ。

やはり普遍性があるからだろうな。
(海軍の予算獲得の方便として都合がよかったというのもあるけど)
アメリカも日本も中国にも概念が伝わっている。

でも、そのせいで問題が……



-- 続きを読む --




カテゴリ: 雑談

タグ:歴史とか  書評  レビュー 
2011/02/28 Mon. 22:01 [edit]
cm: 0 tb: --   

ホリエモンの尖閣認識に反論2 

ホリエモンの記事に対する反論続きー
http://ameblo.jp/takapon-jp/entry-10790687425.html#cbox


>仮に尖閣諸島を中国に実効支配されたところで本当にあの沖合の海底資源や漁業資源がどれほどの価値を持つのだろうか?

資源も大切ですが、一番大切なのはシーレーンの確保。
あそこをとられてしまうといろいろマズイ。

中東からの石油の通るルート遮断できちゃうでしょ。
こないだもめた時、「レアメタル輸出しないぞ」とか言ってくる国でしょ。
「言うこときかないなら海上封鎖するぞ」って言われたらどうすんの?

まあこれは台湾もからめた話で今度また記事を書く事にしよう。

なんでも、金を払えば返してくれるだの、国連に言えばいいだの言ってたみたいだが…(ソース未確認

占領すれば金せびれるってわかったら、何度でもやられるよ?他の国にもやられるよ?
実際やられてんじゃんロシアとかにさー
沖縄だって返還時にアメリカに対して金用意したんだよ?公にはしてないけど。

-- 続きを読む --




カテゴリ: 雑談

タグ:歴史とか 
2011/02/08 Tue. 22:50 [edit]
cm: 2 tb: --   

ホリエモンの尖閣認識に反論 

ホリエモンが朝まで生TVに出たらしい。
そこで「尖閣はいらない」風な発言をしたとか。
……番組見たわけではないが、伝聞情報だけでも眉をひそめてしまう。

うちは彼の本を読んだり、彼の動画を見てなるほどーと納得する俗物ではあるが、
この意見にはどうしても賛成できない。
そして、彼のブログのコメントに賛成意見がたくさんあってマジびびった。
だから、反論を長々と書こうと思う。

ホリエモンの記事はこちら↓
http://ameblo.jp/takapon-jp/entry-10790687425.html#cbox


-- 続きを読む --




カテゴリ: 雑談

タグ:歴史とか 
2011/02/07 Mon. 21:22 [edit]
cm: 0 tb: --   


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。